Skip Navigation Linksホーム>ソリューション>スマートメディア

スマートメディア

ビジネス向けコンテンツワークフローの収益化

Gorilla Smart Mediaはメディアアーカイブとアセットマネジメントのためのエンドツーエンドソリューションであり、チームがさまざまな部門や場所でメディアアセットを共同で共有したり、保存したりできます。メタデータを使用してメディアをすばやく検索し、コンテンツを分析することで、メディア作成者がアセットを取得する時間と労力を節約します。単一のダッシュボードを使用してワークフローを構成することにより、プロセスを合理化し、スタッフがメディアコンテンツを効率的に管理、参照、アーカイブ、アクセスして転用や共有を行えるようにします。単一のダッシュボードを使用して、ワークフローを構成し、スタッフがメディアコンテンツを効率的に管理、参照、アーカイブ、およびアクセスして再利用および共有できるようにすることで、プロセスを簡素化します。

Gorilla Smart Mediaはコンテンツの急増に対応し、ストレージ容量の無制限の拡張をサポートするように設計されています。オンプレミス、ハイブリッド、パブリッククラウドの導入に対応するフレキシブルでスケーラブルなストレージオプションにより、コストを削減できます。このソリューションは、放送局、OTTプロバイダ、インターネットTV、制作会社、コンテンツアグリゲータ、アーカイブサービスの目的とワークフローのニーズを満たします。既存のメディア処理およびシステムとの容易な統合により、高い収益率で生産性とワークフローの効率性を実現します。

ワークフローソリューション

  1. 1

    完全なエンドツーエンドのデジタルワークフローを備えたテープレスブロードキャストにより、効率を最大限に高めます。

  2. 2

    メディアはローカルステーションから複数のプロダクションセンターまたはプライベートクラウドで配信できます。

  3. 3

    スケーラブルなソリューションは複数のストレージおよび計算サーバをサポートします。

  4. 4

    集中型ワークフロー制御により、コンテンツのライフサイクルとメタデータの作成を監視します。

  5. 5

    コンテンツアーカイブソリューションはコンテンツ管理機能と転送を自動化します。

  6. 6

    モジュラー設計により、企業の要件やニーズに基づいたカスタマイズが可能です。

  7. 7

    オープンアーキテクチャにより、サードパーティのコンポーネントとサービスを簡単に統合できます。

  • Ingestion Icon

    摂取

    同時取り込みでは、メタデータ管理を使用し、複数の形式で高解像度ファイルと低解像度ファイルの両方を作成します。

  • Video Analysis Icon

    解析

    ユーザ定義の感度と時間間隔によるキーフレームの自動抽出はビデオとオーディオの診断によって強化され、コンテンツの品質が保証されます。

  • Video Management Archiving Icon

    管理およびアーカイブ

    豊富なメタデータの関連付け、ユーザーによるタグ付け、コンテンツ分析により、大量のコンテンツをタイプ別または使用頻度別に保存し、カタログ化します。

  • Access Retrieval Icon

    アクセスおよび検索

    高度な検索と分類により、システムやデータベース間でメディアファイルを検索する時間を短縮できます。

  • Video Repurposing Icon

    再利用

    Webベースのインターフェイスはビデオクリップにアクセスし、タイムライン上でラフカット編集を有効にして、新しいシーケンスまたはフレームベースの注釈を作成します。

  • Video Delivery Icon

    配送

    帯域幅の最適化により、高遅延ネットワーク環境での効率的かつ安定したファイル転送が可能になります。