ロジスティクスソリューションフェア2019

ロジスティクスソリューションフェア2019

Edge AIエッジコンピューティングを使用して物流業界の倉庫の安全性と効率性を向上

Gorilla Technology とDell は日本ロジスティクスシステム協会(JILS)と共催の「ロジスティクスソリューションフェア」において物流業界向けの革新的なソリューションを紹介し、物流倉庫の運用効率を向上させ、倉庫敷地内の安全性を高めました。

Edge AIエッジコンピューティング、スマートイメージ解析と IoTインフラストラクチャは、次世代のロジスティクスに革命をもたらします。 Gorilla TechnologyはIntelⓇ OpenVINO™ のアーキテクチャを完全導入し、追加のGPUや複雑なネットワークを必要とせずにエッジデバイスで完全なAIイメージ解析を直接実行できるようにし、純粋なCPUアーキテクチャのパフォーマンスを50%以上向上させ、 PowerEdge R740xdはリアルタイム映像ソースの150%を解析し、従来の人材を完全に置き換えて、倉庫への侵入を監視し、重要な製品の盗難状況を追跡し、人員配置と倉庫利用の効率を解析および改善することを可能にしました。

Gorilla Technology は、Edge AI テクノロジー、ディープラーニング、コンピュータービジョンを使用して、人物や車両の識別、人や車の挙動、公共空間のビジネスインテリジェンスを認識する独自のインテリジェントな画像解析アルゴリズムを作成します。 物流、大型店、空港、駅、超高層ビル、医療機関、工業生産の分野で広く使用され、世界中の顧客に卓越したパフォーマンスおよび業界の慣行のニーズを満たす完全なソリューションを提供します。

重点的な展示項目

IVAR Gorilla Technologyの IVAR™ は統合された単一プラットフォーム上で、幅広いクロスドメインや、高効率でインテリジェントな画像解析を提供します。Edge AIエッジコンピューティングテクノロジーを使用して、クラウドを必要とせずに、IoTインフラストラクチャを統合します。エッジデバイスコンピューティングに独立して運用できるため、大量のリアルタイム映像で企業の安全とビジネスオペレーションに関する主要な情報を探ることができます。 複数の中核演算技術を使用して、人物の身分、人物の探索と追跡、不審な行動の探知、車両と消費者の買い物行動の特定を行います。

イベントスナップ