About Gorilla Technology Group

800ポンドのゴリラ

Skip Navigation Linksホーム>弊社に関して>800ポンドのゴリラ

Gorilla Technologyについて

2001年に設立されたGorilla Technologyは、ビデオインテリジェンス、ネットワークインテリジェンス、およびIoT技術の分野を世界的に牽引する企業です。当社ではスマートシティ、スマートリテール、エンタープライズセキュリティ、スマートメディアなど、ビデオ中心のコンテンツ管理ソリューションを幅広く開発してきました。さらに、Gorillaでは、政府機関、通信会社、および民間企業に、ネットワーク監視とサイバーセキュリティを含む、完結型セキュリティコンバージェンス・プラットフォームを提供しています。

大手ハードウェア会社であるDell、EMC、Acer、ViewSonicとのパートナー協定のおかげで、GorillaのVeMoビデオ分析技術は組み込みシステムを含む最高水準のハードウェアとの滑らかなインテグレーションが可能です。さらに、TelstraやAmazon Web Servicesのようなデータセンターおよびクラウドインフラストラクチャープロバイダーを活用し、5大陸にまたがる40ペタバイト以上のコンテンツを多言語で管理しています。 GorillaのビデオIoT プラットフォームは、メディア管理およびコンテンツを配信するための強固なクラウドベースソリューションの幅を広げ、企業の産業的および商業的な要求を満たします。

Gorilla企業理念

Gorilla Technologyが持つ最先端のビデオインテリジェンスソリューションによって、ビデオストリームに埋め込まれた膨大な量のデータを分析し、企業経営のプロセスを変革します。 IoTデバイスはこのデータ量を増大させ、データ分析の結果にリアルタイムで対処しうる手段を提供します。

Gorilla Technologyは、研究開発は価値創造に欠かせないものだと考えています。当社は、ドメイン固有のコンテンツ管理カーネルを所有している数少ない企業のうちの一つです。この技術を活用し、ビデオ IoTプラットフォームを通して、マネージメント、ビジネスおよびセキュリティの一元管理を実現します。

  • マネージメントの一元化 ビデオ分析とIoTデバイスを中央システムで統合させ、会議、出席、業績評価指標、およびトレーニングツールを管理することで、企業の生産性とコミュニケーションの質を向上させます。

  • ビジネスの一元化 ビデオインテリジェンスとIoTセンサーを利用し、指標と過去の行動パターンに基づいた意思決定を行うことで、収益の拡大が期待できます。

  • セキュリティの一元化 監視情報とセキュリティ機器をリンクさせることで、人と車両の識別と検証、さらにあらゆる物体の検索と追跡を可能にします。リアルタイムのイベントは現場で何が起こっているかについての関心を高めるほか、リスクの軽減にもなります。

Gorillaとパートナー協定を結ぶ各業界のトップ企業

クラウドインフラストラクチャプロバイダーから、通信会社、チップセットベンダー、ストレージメーカーまで、Gorillaは各業界をリードする企業と提携し、多様な分野でエンドツーエンドのソリューションを提供しています。

Select Partner References

海外拠点、サービス、イノベーションセンター

優れたソリューションとサービスを提供するべく、Gorilla Technologyは全世界で15年以上に渡り、業界の大手企業や政府機関とのパートナーシップを築いてきました。

Gorilla Technology Global Offices