HMD

AIエンジンでエンドポイントを確実に保護する

局所的保護
AIベースの防御
資産の安全性
素早い応答

HMD(Host-based Malware Detection)を各エンドポイントデバイスに配置します。非定型AIベースのマルウェア検出エンジンを使用して、エンドポイント全体を継続的に監視することで異常を検知するとともに、ソフトウェアの脆弱性が見つかった場合にはアラートが発報されます。

それによって、セキュリティ担当者は持続的標的型攻撃(APT)を迅速に検出し、原因の特定および適切な対策を講じることができます。本製品は、EDR(エンドポイント検知と応答)、GCB(情報セキュリティ構成監査)、およびVANS(脆弱性アラート通知システム)を統合した包括的なエンドポイントセキュリティソリューションを提供します。

HMDの主要機能

エンドポイント保護

HMDは通常のAVSを超える機能を有し、ネットワー ク、ファイル、プログラムからメモリーまで、システム内のエンドポイントの脅威レベルを評価し、持続的標的型攻撃(APT)による感染を検出します。継続的にリスクを評価し、異常が発生するとアラートが発報されます。

多面的な脅威検知

当社のITフォレンジック専門家チームは、悪意あるプログラムを自動的に検出し、システム感染のクリーニング管理を効率的にサポートする非定型AIベースのマルウェア検出エンジンの開発に成功しました。

インシデント対応

セキュリティインシデントが発生した場合、管理者は侵入先のホストを隔離またはシャットダウンし、ホスト上のすべてのユーザーをログアウトさせ、ホストからリモートで重要なファイルまたはログを収集できます。

コンプライアンスによる保護

OS層におけるGCBと政府および業界のコンプライアンス基準適合性を検証し、情報セキュリティリスクを軽減します。 アプリケーション上のCVEなどの脆弱性を検出し、システムの保護ステータスを瞬時に把握します。

HMDの付加価値

局所的保護

標的型攻撃に対してAIベースの行動分析を使用します。カスタマイズされたネットセキュリティを 自動的に作成すると同時に、従業員の増加に伴うセキュリティ対策コストを削減します。

AIベースの防御

未知の脅威を特定し迅速に検出します。自動化された常時オンのAIベース脅威パターン学習により、容易にインシデントを処理します。

資産の安全性

社内機密および顧客情報の外部流出リスクを減らし、知的財産、顧客信頼度、ブランドのイメージと収益を守ります。

素早い応答

攻撃発生時の対応待ち時間を短縮し、セキュリティ脆弱性検出を行うことで、迅速にシステムを復 旧させて企業運営の停止を防ぎます。