感染対策エリア管理

IVAR®エッジAIプラットフォーム

感染対策エリア管理

ビジネスや世界経済を再起動させつつ、人々の健康と安全をしっかり守っていくというのは簡単なことではありません。そこでは種々のテクノロジー導入を検討し、それらを既存のシステムに統合させデプロイしていくことが大きな意味を持ってきます。誰もが皆、復活という同じ目標に向かって歩み始めるなかで、Gorilla Technologyはビジネスや社会全体の復興に向けたお客様自身の取組みをより価値あるものにします。

マスク着用での顔認識-オフィス
混雑度を計測-駅ホーム
マスク未着用者の検出-駅構内
マスク未着用者の検出-駅改札

企業

よくある課題

建物入り口での検温とマスク着用チェック

  • 人手やリソース不足により検温やマスク有無確認などの入場時チェックができない
  • 訪問者について、訪問時間、訪問場所、従業員の誰と接触したのかといった記録を一元管理できない

従業員の健康状態チェックと感染予防

  • 従業員一人一人の体温を総括的に把握できない
  • いったん従業員が感染すると、誰か同じ空間にいたかを確認する方法がないため、すべての建物を封鎖し全従業員を隔離しなければならない
  • エリアごとに使用状況が異なるため、施設全体をどのくらいの頻度で消毒すべきかが判断できない

仕事場でのソーシャルディスタンシング遵守

  • 食堂や会社内スポーツジム等の場所で人の流れを管理することが難しい
  • 管理者が検知しないところで大人数での集まりや混雑状況が発生する

リモートワークにおけるセキュリティ問題

  • ネットワークが安全でない場合が多いため、リモートで働く従業員のログイン情報が盗まれやすい
  • ビデオ会議やオンラインでの共同作業で個人情報の漏洩が発生しやすい

Gorillaが提供するソリューション

IVARプラットフォーム

  • 従業員の健康状態の把握
  • マスク着用や体温に関する行政ルールや規定を遵守
  • 訪問者や従業員に特定エリアへの時間制限付きアクセス権を事前に付与、エリアへの出入時刻を記録
  • 店舗での人の流れを管理。混雑したエリアや往来の激しい場所を検知して明示
  • 感染者および接触者を追跡し表示

ネットワークセキュリティ

  • システムセキュリティ全体の監視、全ネットワークセキュリティ情報の管理、内部ネットワークの脅威ブロックを一つのインターフェースで実行
  • 二要素認証でログイン情報を保護

防疫対策

よくある課題

急速に変化する感染状況を全域的に把握し対応することは困難

  • 常に最新のデータを集約し一元的に管理するプラットフォームがないため、各地域の感染状況に応じた計画立案や実行が難しい
  • 感染対策ガイドラインが絶えず改訂されるため、決定事項を実行するタイミングがつかみにくい

感染状況の管理や隔離政策におけるタイムラグ

  • 感染者が立ち寄った場所や日時、14日以内に誰と接触したのかを確認できないため感染ルートや対象者の捜索が難しく、接触追跡が非効率的・不正確になる
  • 部門ごとに分散するシステムを中央の管理プラットフォームに統合し、状況急変の監視や必要かつ迅速な対応を各部署に任せることができない

Gorillaが提供するソリューション

IVARプラットフォーム

  • 感染者および接触者を追跡し表示

ビッグデータ

  • リソースの統合、感染状況の変化を管理、感染が集中するエリアの分布を分析、隔離効果をモニタリング

ネットワークセキュリティ

  • システムセキュリティ全体の監視、全ネットワークセキュリティ情報の管理、内部ネットワークの脅威ブロックを一つのインターフェースで実行

リテール

よくある課題

複数の入り口での検温とマスク着用チェック

  • 人手やリソース不足により検温やマスク有無確認などの入場時チェックができない
  • アクセス管理が煩雑なため買い物客の入場に時間がかかる

接触頻度を低減する非接触方式でのサービス

  • セルフ式キオスク端末では盗難や強盗防止に本人確認が必要
  • 年齢制限付き商品の自動販売機での販売には本人確認が必要

オープンスペースでのソーシャルディスタンシング遵守

  • 行政や健康管理上の規定に適うよう人の流れを導くことが困難
  • 店舗や建物管理者が検知しないところで大人数での集まりや混雑状況が発生する

セキュリティの脆弱性

  • セルフ式キオスク端末や自動販売機では顧客データが不当に収集されるリスクが高まる

Gorillaが提供するソリューション

IVARプラットフォーム

  • 店舗での人の流れを管理
  • 混雑したエリアを検知し従業員に対策を促すよう通知
  • マスク着用や体温に関する行政ルールや規定を遵守
  • 訪問者や従業員に特定エリアへの時間制限付きアクセス権を事前に付与、エリアへの出入時刻を記録
  • 自動販売機に生体認証を搭載することで、キオスク端末での非接触方式による商品受け取りや年齢制限付き商品の販売が可能に
  • 感染者および接触者の特定と追跡

ネットワークセキュリティ

  • システムセキュリティ全体の監視、全ネットワークセキュリティ情報の管理、内部ネットワークの脅威ブロックを一つのインターフェースで実行
  • 二要素認証でログイン情報を保護

交通機関

よくある課題

建物出入り口での検温とマスク着用チェック

  • 感染者が交通機関を利用した場合、感染拡大を防ぐのが難しい
  • 入場や乗車時チェックが煩雑なため乗客の待ち時間が長くなる
  • 人手やリソース不足により検温やマスク有無確認などをチェックできない

感染者の追跡と感染予防

  • ウィルスや感染拡大の防止に従業員の体温を総括的に把握することが困難
  • いったん従業員が感染すると、いつどこで誰と接触したのかを確認することが極めて難しい

待合エリア、ゲートやホームでのソーシャルディスタンシング遵守

  • 行政や健康管理上の規定に適うよう人の流れを導くことが困難
  • 係員が検知しないところで大人数での集まりや混雑状況が発生する

複雑なセキュリティシステム

  • セルフ式機械や自動改札、内部ネットワークまで、複雑で多様な接続によってセキュリティに脅威が生じる
  • 旅行者が多岐にわたるデバイスで交通機関ネットサービスを使用することが増えるにつれセキュリティ保護も複雑化する

Gorillaが提供するソリューション

IVARプラットフォーム

  • 各エリアでの人の流れを管理
  • 混雑したエリアを検知し係員に対策を促すよう通知
  • マスク着用や体温に関する行政ルールや規定を遵守すると同時に人的リソースを削減
  • 乗車前に本人確認を行い、係員に特定エリアへの時間制限付きアクセス権を事前に付与、エリアへの出入時刻を記録
  • 感染者および接触者の特定と追跡

ネットワークセキュリティ

  • システムセキュリティ全体の監視、全ネットワークセキュリティ情報の管理、内部ネットワークの脅威ブロックを一つのインターフェースで実行
  • 二要素認証でログイン情報を保護

医療機関

よくある課題

複数の入り口での検温とマスク着用チェック

  • 人手やリソース不足により検温やマスク有無確認などの入場時チェックができない
  • アクセス管理が煩雑なため来院者の入場に時間がかかる

接触頻度を低減する非接触方式でのサービス

  • セルフ式キオスク端末では盗難や強盗防止に本人確認が必要
  • 年齢制限付き商品の自動販売機での販売には本人確認が必要

オープンスペースでのソーシャルディスタンシング遵守

  • 行政や健康管理上の規定に適うよう人の流れを導くことが困難
  • 店舗や建物管理者が検知しないところで大人数での集まりや混雑状況が発生する

セキュリティの脆弱性

  • セルフ式キオスク端末や自動販売機では顧客データが不当に収集されるリスクが高まる

Gorillaが提供するソリューション

IVARプラットフォーム

  • 店舗での人の流れを管理
  • 混雑したエリアを検知しスタッフに対策を促すよう通知
  • マスク着用や体温に関する行政ルールや規定を遵守
  • 訪問者や従業員・スタッフに特定エリアへの時間制限付きアクセス権を事前に付与、エリアへの出入時刻を記録
  • 自動販売機に生体認証を搭載することで、キオスク端末での非接触方式による受け取りや年齢制限付き物品の販売が可能に
  • 感染者および接触者の特定と追跡

ネットワークセキュリティ

  • システムセキュリティ全体の監視、全ネットワークセキュリティ情報の管理、内部ネットワークの脅威ブロックを一つのインターフェースで実行
  • 二要素認証でログイン情報を保護

教育機関

よくある課題

校舎、教室、体育館や食堂など異なる入場ポイントでの検温とマスク着用チェック

  • いったん感染者が教室に入ると、ウィルスは容易に広がり、在籍者の家族にまで急速に感染が拡大、コントロール不能な状態に陥る
  • 入場時チェックが煩雑なため待ち時間が長くなり授業に遅れる生徒が出てくる
  • 人手やリソース不足により検温やマスク有無確認などの入場時チェックを正しく実施できない

施設内の混雑を避けることが困難

  • 施設内での生徒の流れを行政や健康管理上の規定に適うよう導くことが困難
  • 教職員が検知しないところで大人数での集まりや混雑状況が発生する

教職員の健康状態チェックが困難

  • 教職員は日常的に多くの生徒と接触するので感染リスクが高くなる
  • ウィルスや感染拡大の防止に教職員の体温を総括的に把握することが困難
  • いったん教職員が感染すると、いつどこで誰と接触したのかを確認することが極めて難しい

オンライン学習におけるセキュリティの脆弱性

  • ネットワークが安全でない場合が多いため、リモートで学ぶ生徒や教える教員のログイン情報が盗まれやすい
  • オンライン授業では個人情報の漏洩が発生しやすい

Gorillaが提供するソリューション

IVARプラットフォーム

  • 各施設での人の流れを管理
  • 混雑したエリアを検知し教職員に対策を促すよう通知
  • マスク着用や体温に関する行政ルールや規定を遵守しチェックに必要な人的リソースを削減
  • 入場前に生徒や教職員の本人確認を行い、特定エリアへの時間制限付きアクセス権を事前に付与、エリアへの出入時刻を記録
  • 感染者および接触者の特定と追跡

ネットワークセキュリティ

  • システムセキュリティ全体の監視、全ネットワークセキュリティ情報の管理、内部ネットワークの脅威ブロックを一つのインターフェースで実行
  • 二要素認証でログイン情報を保護