政府・公共サービス向けソリューション

IVAR®エッジAIプラットフォーム

政府・公共サービス向けソリューション

Gorillaの政府・公共サービス向けのソリューションはインテリジェントビデオ解析を利用し安全に人および交通管理を行います。アクセス制御、勤怠、スケジュール管理、行動追跡を既存部門あるいは企業システムへ簡単に統合することが可能です。また、ナンバープレート認識や車両検出分析により重点エリアにおける交通状況を効果的に管理および監視できます。

Gorillaの政府・公共サービス向けのソリューションは実環境の設定においてその効果を実証済みであり、簡単に展開・配置することができます。強固なネットワークセキュリティ内に設置した様々なインテリジェントビデオ解析を利用することは、いかなるプロジェクトも次のレベルに引き上げることができます。Gorillaの幅広いテクノロジーの政府・公共サービス向けのソリューションは、未来を変えます。

リリース可能な路上監視および交通管理ソリューション

Gorillaが提供するスマートデータセンターソリューションの顔認識および行動分析インテリジェントビデオ解析により、包括的なアクセス制御、強固かつ効果的な物理的セキュリティ、OTセキュリティ、強化された個人セキュリティを実現します。

リリース可能な路上監視および交通管理ソリューション

よくある課題

高い交通違反率

  • 全ての交差点および路上で道路交通法を執行するには非常に多くの警察官を配備する必要があります。
  • 車両と歩行者が共に違反を犯すと交差点は非常に危険になります。

不完全な路上の安全措置

  • 全ての路上監視カメラを確認し特定の車両や人物を手動で探すには膨大な時間がかかります。
  • 路上駐車スポットは一般的に監視カメラの監視範囲外にあります。

最小交通流分析

  • 交通渋滞によりドライバーが精神的なストレスを感じることで日常生活に負の影響をもたらします。
  • スピード違反車両は路上にいる全ての人を危険にさらします。

Gorillaの路上監視および交通管理ソリューション

IVARプラットフォーム

  • 交差点におけるインテリジェントビデオ解析では、スピード違反や進行方向の誤り、誤った車線の運転、ラインクロスなど車両や歩行者の違反を検知します。
  • 車両検出および分類により交通流を分析し、交通管理センターへ渋滞の警告を出します。
  • クロスカメラによる顔認識およびナンバープレート認識を利用し、容疑者や犯罪者、スピード違反車両の位置を特定できます。

推奨ハードウェア要件

リリース可能なスマートデータセンターソリューション

Gorillaが提供するスマートデータセンターソリューションの顔認識および行動分析インテリジェントビデオ解析により、包括的なアクセス制御、強固かつ効果的な物理的セキュリティ、強化された個人セキュリティ、OTセキュリティを実現します。

Smart Data Center Solutions

よくある課題

複雑な出入口の管理

  • 顧客、納入業者、請負業者、従業員を見分けアクセス権を適切に施行するのが難しい
  • 共連れによる不正入室
  • 不審者が不正侵入するためにセキュリティシステムの穴を探していないか知る術がない

困難な通路の安全管理

  • 入口のセキュリティチェックさえ通過すれば他社のサーバーラックにも手が届く
  • 利用者が他社のサーバーラック付近に理由なく長居していないか知る術がない

不安全なサーバーラックの管理

  • パスワードや鍵などの弱い単要素承認が入退室に使用されている
  • 監視カメラを動かして監視方向を変えられる

Gorillaのスマートデータセンターソリューション

IVARプラットフォーム

  • インテリジェントビデオ解析は進入禁止エリアへの侵入者や不審徘徊者、ブロックリスト上の人物を即座に検知して警告を出します。共連れが発生すると直ちに警備員へ通知が行われます。
  • 顔認識によりサーバーラックの顧客、請負業者、納入業者、従業員が適切なエリアへの時間制限付きアクセス権を確実に得ることができます。
  • クロスカメラによる顔認識を利用し、不審者の位置を特定できます。
  • 生体検知で承認された人間のみのアクセスを確実にします。
  • ブロックリストにより歓迎されない来客を阻止し、未承認の人物が繰り返し侵入を試みる場合は警告が出されます。
  • 顔認識は利用者がサーバーラックの鍵を解除する際に第二のセキュリティとして機能します。携帯を使用したワンタイムパスワードと顔認識を合わせた二要素認証を利用すると、サーバーのログインに際してより高いセキュリティが実現できます。

推奨ハードウェア要件

リリース可能なスマート刑務所ソリューション

Gorillaが提供するスマート刑務所ソリューションの顔認識および行動分析インテリジェントビデオ解析により、包括的なアクセス制御、強固かつ効果的な物理的セキュリティ、強化された個人セキュリティ、OTセキュリティを実現します。

リリース可能なスマート刑務所ソリューション

よくある課題

複雑なアクセス制御

  • 未承認人物による制限区域への侵入は刑務所を危険にさらすことになる
  • スタッフの不足により、複数の施設へ出入りする全受刑者のアクセス管理が行えない

困難な受刑者の安全維持

  • 暴力行為を事前に阻止することができない
  • 受刑者が集まって怒鳴り合い、すぐに喧嘩を始めることがある
  • 様々なセキュリティレベルの受刑者がそれぞれ異なるゾーンにいるか確認するには非常に多くのスタッフが必要となる
  • 暴力行為が起こった時、当事者の位置を特定し追跡することが難しい

フェンス、ゲート、その他施設の最小境界セキュリティ

  • スタッフの不足により、火災発生時に周囲や施設内の監視を行えない
  • コンピュータ室の不十分な入退室セキュリティにより、刑務所のデータやセキュリティシステムが情報漏洩する可能性がある

Gorillaのスマート刑務所ソリューション

IVARプラットフォーム

  • インテリジェントビデオ解析は、少ないスタッフの数で現在より多くのエリアを監視し、制限区域への侵入、不審徘徊、ブロックリスト上の人物を即座に検知して警告を出すことができます。
  • 群検知と喧嘩検知によりトラブルを事前に止める手助けを行います。
  • マルチカメラ顔認識で足取りを辿り特定の受刑者や訪問者の位置を割り出します。
  • 顔認識により受刑者、訪問者、スタッフが適切なエリアへの時間制限付きアクセス権を確実に得ることができます。共連れが発生すると直ちに警備員へ通知が行われます。
  • 顔認識により一連の本人確認に生体認証を取り入れます。
  • 緊急事態に即座に対応できるよう、IoTエージェントは火災や煙センサーおよび非常ボタンを統合することも可能です。

推奨ハードウェア要件

弊社パートナーの声

Jason Chaung
Jason Chaung
Vice President

"GorillaのエッジAIアプリケーションビデオ解析はとても素晴らしいものでした。今後も深く協力し合い、共により素晴らしい発展を遂げて行きたいと願っております。"