システム脅威の監視・分析プラットフォーム

SCP(Security Convergence Platform)は各種セキュリティ情報を単一プラットフォームに統合します。

この高度な分析ツールは、異種システムログをグローバル脅威情報とエンドポイント監視映像に紐付けて、セキュリティイベントの関連性、潜在的脅威、侵害を受けたデバイス、およびネットワークの分析を行い、セキュリティ脅威レベルに応じて担当者に自動アラートを発報し、ネットワークセキュリティイベントを直接リンクします。

SCPにより、IT/OT資産全体における問題の追跡や分析、先を見据えた対応が可能になります。

SCPの主要機能

包括的な脅威管理

Gorillaのサイバーセキュリティ中央データベースを活用し、脅威情報の自動同期と更新を行います。NetProbe、NetTrap、HMDソリューションを単一プラットフォームに統合することで、あらゆる種類の脅威に対応できる全面的な脅威情報を提供します。この多層防御戦略により、組織のセキュリティがさらに強化されます。

システムログの統合と分析

ファイアウォール、IDS / IPS、WAF、サーバー、サービス、およびデバイスからのログ内容を相関させ、異常イベントとの関連性を分析します。ログ管理を単一インターフェースで一元化することで、検索およびアラーム規則のカスタムが可能になります。

SIEM統合

OTネットワーク環境に展開すると、Syslogサポートを介して既存のSIEMシステムに統合できます。簡単な導入で主要データの一元的なクエリ、分析、識別が実行できるため、利便性が高まります。

ネットワーク管理の可視化

物理的位置を可視化し、定期的にエンドポイントのヘルスチェックを実行することで、ネットワーク資産の管理が簡単に行えます。

ネットワーク使用状況の分析

リアルタイムで脅威評価および行動異常の特定を行い、リソースの配分に役立つ詳細なレポート、およびインスタントアラートを受け取ります。

インシデント管理

ネットワーク上のセキュリティインシデントの追跡、診断、報告、および通知メカニズムを一元管理し、生産性の向上および日常業務を簡素化します。

SCPの付加価値

局所的保護

標的型攻撃に対してAIベースの行動分析を使用します。カスタマイズされたネットセキュリティを 自動的に作成すると同時に、従業員の増加に伴うセキュリティ対策コストを削減します。

AIベースの防御

未知の脅威を特定し迅速に検出します。自動化された常時オンのAIベース脅威パターン学習により、容易にインシデントを処理します。

資産の安全性

社内機密および顧客情報の外部流出リスクを減らし、知的財産、顧客信頼度、ブランドのイメージと収益を守ります。

素早い応答

攻撃発生時の対応待ち時間を短縮し、セキュリティ脆弱性検出を行うことで、迅速にシステムを復 旧させて企業運営の停止を防ぎます。

Home

製品

テクノロジー
AIソフトウェア
AIアプライアンス

ソリューション

政府・公共サービス スマートシティ・交通機関 産業 商業

採用情報

投資家情報

企業情報

会社概要 役員紹介 Awards Global Footprint プレスルーム パートナープログラム お問い合わせ ブログ

ログイン

Service Portal Partner Program

Language

English 繁体字中国語