FR-MOTPサーバーの主要機能

FR-MOTPサーバーは、企業や組織向けのユーザーID認証システムであるFR-MOTPのバックエンドを実行するGorillaのAIアプライアンスです。システムのその他2つのコンポーネントであるFR-MOTPモバイルアプリ(Android/iOS) およびMOTPエージェント (ユーザーのWindowsまたはLinuxデバイスにインストール)を使用してユーザー管理を実行します。

FR-MOTP

FR-MOTP

FR-MOTPは、Gorillaの高度な顔認識技術(FR)を使用して、携帯電話で従業員の生体認証を行った上で、一定時間が経つと無効になるワンタイムパスワード(MOTP)を発行します。この自動的に生成される使い捨てパスワードを使用すれば、ログイン資格情報がハッキングされた場合でも、アクセス違反を防ぐのに役立つというメリットがあります。ユーザー認証記録はFR-MOTPサーバーで安全に保存され、調査や異常ログインの識別に利用されます。

多要素認証

従来のアカウントとパスワードのログイン方法にFR-MOTPを追加することで、多要素およびリアルタイム認証が導入され、ハッカーのネットワーク不正侵入をほぼ不可能にします。

高度な顔認識

Gorillaが開発したエッジAI生体認証技術により、リアルタイムでユーザーID検証が行われ、ワンタイムパスワードが個人のデバイスに送信されます。これにより、プライバシーを保護しながら、承認されたユーザーによるログインが可能になります。

異常ログインを把握

顔認証結果とスタッフのログイン状況をリアルタイムで記録します。認証失敗履歴も記録されるため、管理者が不正侵入を事前に把握するのに役立ちます。

迅速な統合と展開

OSアカウントやパスワードを変更する必要がなく、ログイン検証システムを簡単に強化できます。

Windows & Linux サポート

Windows: ローカルコンソール & リモートデスクトップ
Linux: ローカルコンソール、Telnet & SSH

AD統合

FR-MOTPは、WindowsまたはLinuxログインエージェントとのAD統合を利用して、企業のIT環境に簡単に実装できます。

FR-MOTPの付加価値

防御のカスタマイズ

防御のカスタマイズ

標的型攻撃に対してAIによる行動分析を使用します。カスタマイズされたネットセキュリティを 自動的に作成すると同時に、従業員の増加に伴うセキュリティ対策コストを削減します。

AI脅威検知

AI脅威検知

未知の脅威を迅速に検知し、自動化された常時オンの脅威パターン学習型AIにより、容易にインシデントを処理します。

資産保護

資産保護

社内機密および顧客情報の外部流出リスクを減らし、知的財産、顧客信頼度、ブランドのイメージと収益を守ります。

迅速な復旧 icon

迅速な復旧

攻撃発生時の対応時間を短縮し、セキュリティ脆弱性診断を行うことで、迅速にシステムを復旧させて企業運営の停止を防ぎます。

FR-MOTPサーバーのハードウェア要件

CPU Intel Xeon Gold CPU Core i7 9700
RAM DDR4 32G
ストレージ 500GB 2.5” SSD
ポート 1Gbe RJ45 x2
ポート Redundant PSU
その他 AD Server Interface
1-Year Warranty
Dell global hardware support in 85+ countries
Home

製品

テクノロジー
AIソフトウェア
AIアプライアンス

ソリューション

政府・公共サービス スマートシティ・交通機関 産業 商業

採用情報

投資家情報

企業情報

会社概要 役員紹介 Awards Global Footprint プレスルーム パートナープログラム お問い合わせ ブログ

ログイン

Service Portal Partner Program

Language

English 繁体字中国語