FR-MOTP

顔認証による高度なアイデンティティ・セキュリティ

局所的保護
AIベースの防御
資産の安全性
素早い応答
多層的な保護により、個人情報の盗難やブルートフォース攻撃を防ぎます。

新型コロナウイルス感染症の影響により、在宅勤務やリモートワークの需要、営業拠点の拡大が増加し、リモートアクセスにおけるネットワークリスクが増加しています。多くの企業が採用するVPNおよびアカウントとパスワードのBasic認証は、保護の視点から見て不十分だといえるでしょう。

Gorillaの高度な顔認識技術(FR)は、携帯電話で生体認証を行った上で、ワンタイムパスワード(MOTP)を発行します。この自動的に生成される一回限り有効な使い捨てパスワードを使用すれば、企業ネットワークへの侵入リスクを大幅に低減することができます。

FR-MOTPの主要機能

多要素認証の画像

多要素認証

従来のアカウントとパスワードのログイン方法にFR-MOTPを追加することで、多要素およびリアルタイム認証が導入され、ハッカーのネットワーク不正侵入をほぼ不可能にします。

高度な顔認証の画像

高度な顔認証

Gorillaが開発したエッジAI生体認証技術により、リアルタイムでユーザーID検証が行われ、ワンタイムパスワードが個人のデバイスに送信されます。これにより、プライバシーを保護しながら、承認されたユーザーによるログインが可能になります。

異常ログインの画像

異常ログインを把握

顔認証結果とスタッフのログイン状況をリアルタイムで記録します。認証失敗履歴も記録されるため、管理者は不正侵入を事前に把握することができます。

迅速な統合と展開の画像

迅速な統合と展開

OSアカウントやパスワードを変更する必要がなく、ログイン検証システムを簡単に強化できます。

FR-MOTPの付加価値

局所的保護

標的型攻撃に対してAIベースの行動分析を使用します。カスタマイズされたネットセキュリティを 自動的に作成すると同時に、従業員の増加に伴うセキュリティ対策コストを削減します。

AIベースの防御

未知の脅威を特定し迅速に検出します。自動化された常時オンのAIベース脅威パターン学習により、容易にインシデントを処理します。

資産の安全性

社内機密および顧客情報の外部流出リスクを減らし、知的財産、顧客信頼度、ブランドのイメージと収益を守ります。

素早い応答

攻撃発生時の対応待ち時間を短縮し、セキュリティ脆弱性検出を行うことで、迅速にシステムを復 旧させて企業運営の停止を防ぎます。

Home

製品

テクノロジー
AIソフトウェア
AIアプライアンス

ソリューション

政府・公共サービス スマートシティ・交通機関 産業 商業

採用情報

投資家情報

企業情報

会社概要 役員紹介 Awards Global Footprint プレスルーム パートナープログラム お問い合わせ ブログ

ログイン

Service Portal Partner Program

Language

English 繁体字中国語