EdgeGuardの主要機能

EdgeGuardは脅威のパターンを学習し、外部ネットワークからの攻撃をブロックする低コストOTセキュリティ対策ソリューションです。危険度の高い環境や産業的シナリオでの使用を想定して設計されており、機械学習を使用して脅威を特定し、通常のIDS/IPSでは遮断できない脅威や攻撃を防御します。さらに、包括的なトラッピングシステムを導入することで、潜在的な脅威の早期発見とネットワークエンドポイントの保護を可能にします。

悪意あるIPアドレスの検知&自動ブロック

ブロックリストに登録された100万のIPアドレスと照らし合わせて確認することで、不正なIPアドレスの接続を検知し、脅威をより速く、より効率的に特定します。

シミュレーション技術で脅威を捕獲

一般PC、サーバー、データベース、NAS、IoT/IIoTデバイス、プリンター、IPカメラなど、偽装環境を作り上げてハッカーの攻撃を誘導し、所在を突き止めます。

DoS/DDoS攻撃を防ぐ

ネットワークトラフィックの特性を学習し、DoS/DDoS攻撃やその他の悪意ある接続を自動的に検知・遮断する機械学習アルゴリズムを使用しています。

アラート通知

ネットワーク管理者は、時刻、送信元/宛先IPアドレス、トリガールール、およびその他の重要なデータを含む攻撃検知通知を受信します。これらの通知は、一日単位で自動送信されるメールに追加されます。

過酷な環境

EdgeGuardは過酷な環境向けに設計されており、-40~70℃までの幅広い温度下で動作します。

産業分野への導入

EdgeGuardは、ネットワークプロトコル、通信、トポロジー異常など、IoTおよび産業用制御システム環境に対する標的型攻撃を検知します。

EdgeGuardの付加価値

防御のカスタマイズ

防御のカスタマイズ

標的型攻撃に対してAIベースの行動分析を使用します。カスタマイズされたネットセキュリティを 自動的に作成すると同時に、従業員の増加に伴うセキュリティ対策コストを削減します。

AI脅威検知

AI脅威検知

未知の脅威を迅速に検知し、自動化された常時オンの脅威パターン学習型AIにより、容易にインシデントを処理します。

資産保護

資産保護

社内機密および顧客情報の外部流出リスクを減らし、知的財産、顧客信頼度、ブランドのイメージと収益を守ります。

迅速な復旧 icon

迅速な復旧

攻撃発生時の対応時間を短縮し、セキュリティ脆弱性診断を行うことで、迅速にシステムを復旧させて企業運営の停止を防ぎます。

EdgeGuardのハードウェア要件

CPU Intel Atom Processor C3708 * 1
RAM 32G
ストレージ 1TB SSD
ポート 4x GbE RJ45, 2x GbE SFP, w/ 1 Pair of Gen3 Bypass, w/TPM 2.0
Power Redundant PSU
その他 LCM Panel, TPM Module
2-Year Warranty
Home

製品

テクノロジー
AIソフトウェア
AIアプライアンス

ソリューション

政府・公共サービス スマートシティ・交通機関 産業 商業

採用情報

投資家情報

企業情報

会社概要 役員紹介 Awards Global Footprint プレスルーム パートナープログラム お問い合わせ ブログ

ログイン

Service Portal Partner Program

Language

English 繁体字中国語