AI ツールキット

ビデオ解析とOTセキュリティAIモデルで構成されるAIツールキットは、小型デバイス向けに開発され、あらゆる種類のAIアプライアンスおよびAIボード製品との互換性を備えています。

GorillaのAIツールキットは、クライアントがGorillaのAIプラットフォームを活用し、フォームファクタが異なるハードウェアやIoTデバイスと組み合わせることを可能にします。これにより、端末機器メーカーとソリューション開発者の市場投入までの時間が大幅に短縮されます。

ビデオ解析AIモデル

ビデオ解析とは、AIアルゴリズムとメタデータを用いてビデオをスキャンし、パターンを検出したり、特定のオブジェクトを認識したりする一連のプロセスです。コンピュータ処理後は、ビデオデータから様々な情報や、目的に応じた特定の結果を取り出すことができます。

Gorillaは40以上のIVAに代表されるビデオ分析の専門性を、パートナー企業である Dell-EMC、Lanner Electronics、 Neousysの産業用PC、ネットアプライアンス、車載PC、およびサーバーと組み合わせ、市場を牽引してきました。Covid-19によってデジタルトランスフォーメーションの要求度が増大していることを考えると、物理的・データ・ネットワークセキュリティに焦点をあてた最先端のAIアプライアンスを提供し、それを迅速にデプロイすることは、極めて価値の高いものになっていることは明らかです。

スマートビデオ解析機能は以下のカテゴリに分類されます:

行動分析
人物分析
車両分析
オブジェクト認識
ビジネスインテリジェンス

OTセキュリティ AIモデル

産業システムがネットワーク化していくほどシステムの脆弱性は高まり、サイバー攻撃の脅威にさらされる可能性も高まります。ある一つのOTネットワークを同様に一つのITネットワークに接続しただけで、そのOTネットワークに接続するすべてのOTデバイスが直ちに完全な脅威状態に置かれることになります。

悪意ある攻撃やその他のリスク要因として、旧バージョンのソフトウェアを実行しているエンドポイントはハッカーによる攻撃を受けやすくなることが挙げられます。さらに、サードパーティーベンダーによるOTネットワークへのリモートアクセスが増加することで、攻撃対象領域が広がり、新たなタイプの脆弱性が生じます。産業用機器の高額なコスト、およびサイバー攻撃が企業やコミュニティに与えるダメージは、産業用ネットワークの保護を検討している組織にとって、重大な懸念事項となっています。

セキュリティコンバージェンスとは、異なるIT・OT技術が、互いに接続する一つのシステムに統合されることを指します。デジタルトランスフォーメーションによって統合にはさらに拍車がかかっています。効果的なセキュリティコンバージェンス戦略を実施し、エンドポイント保護を確保することで、作業処理、従事者、利益が守られ、セキュリティの脆弱性とインシデントの発生を大幅に削減します。セキュリティコンバージェンスによって、従事者、機械、各種のスイッチ、センサー、デバイスに正確な情報を確実に配信するプロセス管理ソリューションが実現すると同時に、産業システムの一元管理が可能になります。

お客様のデータやデバイスを守るため、AI分析ツールや包括的データ監視、アラートシステムに加え、攻撃回避を目的としたデータ、ネットワーク、エンドポイントセキュリティソリューションを多数取り揃えています。

ネットワーク異常検知

ネットワーク異常とは、ネットワークが正常な動作から逸脱している状態を指します。多くのネットワークセキュリティデバイスは、ルールとシグネチャを使用してネットワークパケットを比較し、既知の異常を検知します。私たちはAIテクノロジーを活用してネットワーク上のさまざまな異常動作を学習し、ネットワーク異常検知用のAIモデルを作成します。これらのAIモデルは、サービス拒否(DoS)、ネットワークトポロジー異常、異常トラフィック、通信プロトコルの異常、ネットワーク侵入など、さまざまなネットワークの異常動作の検知に使用できます。

エンドポイント環境でのマルウェアや不審な動作

従来のウイルス対策ソフトウェアは、主にシグネチャやルールを使用して、エンドポイント環境で悪意あるプログラムを検出します。このアプローチの利点はマルウェアを迅速かつ効果的に検出できることですが、未知のマルウェアの検出率が非常に低いことが欠点となっています。

エンドポイント環境でさまざまな悪意ある動作によって作成された多数の悪意あるプログラムと侵入痕跡を収集し、ディープラーニング技術を使用して、それらを検出して特定できるAIモデルをトレーニングします。これらのAIモデルを使用する主な利点は、未知のマルウェアプログラムや動作に直面した場合でも、高い検出率を実現できることです。さらに、ウイルスパターンや検出ルールを頻繁に更新する必要はありません。

機器・デバイス

  • 電子看板
    電子看板
  • キオスク端末
    キオスク端末
  • ATM
    ATM
  • POSシステム
    POSシステム
  • アクセス管理
    アクセス管理
  • IPC
    IPC
  • 個人端末
    個人端末

ボード