エンドポイントセキュリティ

SaaS型エンドポイントセキュリティAIには、マルウェアや不審動作の検出、脆弱性情報通知、セキュリティポリシーへの適合性、および生体認証ベースの多要素認証が含まれ、複数の保護メカニズムにより、エンドポイントの安全性を評価し、情報セキュリティのリスクと脅威を軽減できます。

エンドポイント保護の概念を示すデジタルオーバーレイ付き画像

エンドポイント保護

既知の脆弱性を持つソフトウェアがエンドポイントにインストールされていることを検出し、ハッカーやマルウェアによるシステムの侵害を防ぎます。エンドポイントセキュリティ保護は、GCB(政府共通設定基準)などの組織の仕様にも準拠しています。

システム強化のためのデジタルトラッピングの概念を示す画像

強化システム

AIベースのマルウェアと動作の検出は、既存のエンドポイントのウイルス対策ソフトウェアの機能を補完し、未知のマルウェアを検出します。また、エンドポイントが持続的標的型攻撃(APT)を受けるリスクを軽減させます。

使用中のFR-MOTPの画像

FR-MOTP

ログインまたは高特権コマンドを実行する場合、ユーザーは生体認証ベースの多要素認証をクリアする必要があります。これにより、ハッカーがアクセス権限を取得し、システムやネットワークに深刻な損傷を与えるのを防ぎます。