ホーム > 弊社について > プレスルーム
2019/11/08

台湾の法務部矯正署がGorilla Technologyのソリューションを採用し、AIによる監獄の管理を改善

台湾の法務部矯正署がGorilla Technologyのソリューションを採用し、AIによる監獄の管理を改善
台湾の法務部矯正署がGorilla Technologyのソリューションを採用し、AIによる監獄の管理を改善

台湾の法務部矯正署とGorilla Technologyは一年間のスマート監視システムの構築と画像データベース解析計画で最初のフェーズを完了しました。 このシステムは、矯正署のリモートモニタリングコマンドセンターや各刑務所の内部統制センターを通じて、各機関の人々と車両の実態を把握し、管理効率を効果的に向上させます。

各刑務所の設備構築システムはそれぞれ異なり、統合管理に接続できないため、このスマートモニタリングシステム計画では特に映像、アクセス制御、ブロードキャスト、インターコム、センサーアラームなどの設備をソフトウェアプラットフォームで統合します。 機関の内部監視センターの中央ステーションにあるすべての情報を表示し、リンケージアラームと電子地図マーキング機能を追加して、勤務員が初めて事件の状況と場所を把握できるようにし、緊急対策を迅速に策定して処理時間を短縮します。各刑務所監視プラットフォームも自己完結型であり、突然のネットワーク切断の影響を受けることがありません。

監視機器やセンサーでは分からないリアルタイムの情報を入手するために、Gorilla Technologyが開発したインテリジェント画像解析(行動解析や顔認識など)が導入され、インテリジェントな画像解析技術を既存のカメラ装置に追加し、重要な制御エリアへの侵入、滞在や徘徊検知など、画像から重要な情報をキャプチャし、同時に騒動や喧嘩に対して警告を発し、元の観測所、パトロール要員、および従来の監視システムと異なり、不審な事件の速報時間を大幅に短縮して、事故の発生を効果的に減らします。

この件のシステム計画とプラットフォーム構築は、実際の管理において刑務所が直面する問題に基づいており、プラットフォームアーキテクチャに画像解析とIoTアプリケーションを統合するための人工知能技術を備えた革新的なソリューションを提供する必要があります。 これはGorilla Technologyが得意とする分野であり、この両者には相互補完的な効果があるため、セキュリティ監視管理に死角がないようにします。将来、Gorilla Technologyは、プラットフォームの使用効率を最大限に活用するために、台湾の法務部矯正署のフィードバックでプラットフォーム設計を最適化し続け、関連部署に対するAIシステムの導入およびアップグレードを積極的に支援します。