ホーム > 弊社について > プレスルーム
2019/11/08

Gorilla Smart StationがエッジAIでプロアクティブな旅行者の安全を実現

Gorilla Smart StationがエッジAIでプロアクティブな旅行者の安全を実現
Gorilla Smart StationがエッジAIでプロアクティブな旅行者の安全を実現

台湾台北市 - 2019年11月8日 - 最先端のAIおよびビデオIoTソリューションプロバイダーであるGorilla Technologyは、台湾鉄路管理局と協力して同国初のSmart Train Stationを建設しました。台中の豊原駅でIVAR®を導入した後、応答時間の50%短縮が報告されました。鉄路管理局はGorillaのエッジAI動画解析を導入し、高度な動画解析と他のIoTデバイスやセンサーとの統合を備えたプロアクティブなシステムを構築して、可能な限り旅行者に対して友好的な駅を確保し、事故や事故を防止することで駅の安全性を高めました。

台湾鉄路管理局は長い間、非常事態や予期せぬ事態が発生した場合に重要なエリアで動画を録画する目的で、各駅で受動的な閉回路テレビ監視システムを使用してきました。Gorillaのスマート監視ソリューションは、包括的な監視を提供するため、プロアクティブシステムに統合されたIoTデバイス、センサー、監視カメラを備え、2018年に豊原駅で導入されました。電車が到着する前に人々がプラットフォーム上の黄色の線を越えるなど、潜在的なリスクが検出されると、システムは直ちに警報、警告、および通知を発するようになりました。さらに、挙動解析により、オペレーターは不審な乗客の行動を把握し、他の職員や警察に危険な状況を速やかに知らせることができます。 駅で使用されている11種類の検知方法により、事故への応答時間が50%短縮されました。

鉄路管理局がスマート監視ソリューションを導入したのは今回が初めてです。鉄路管理局は、事故の減少と応答時間の改善に対する圧倒的に前向きな結果により、将来、より友好的な駅空間を確保し、助けを必要としている人々を助け、事故を防ぎ、事故処理を改善し、鉄道旅行の安全性を高め、安全で快適な乗車環境を作るために、Gorilla と共により多くのスマートステーションを作ることを計画しています 。

 



Gorilla Technologyについて
Gorilla Technologyは2001年に設立された株式非公開企業で、ビデオ・インテリジェンス、ネットワーク・インテリジェンス、IoTテクノロジーのグローバルリーダーです。Smart Cities、Smart Retail、Enterprise Securityなど、ビデオ中心のコンテンツ管理ソリューションを幅広く開発しています。さらに、政府機関、通信会社および民間企業に対し、ネットワーク監視とサイバーセキュリティを備えた完全なセキュリティ・コンバージェンス・プラットフォームを提供しています。

Contact:
Kirin Lee 李 其倫/リ キリン
Senior Sales Manager
Sales Dept, Japan
TEL: 03-6868-8662
Mobile: 070-4410-5971
Email: kirinlee@gorilla-technology.com