Leadership

hero image

取締役会

Jay Chandan

Jay Chandan

取締役会長兼CEO

Jay氏は2022年、Gorilla Technology Groupの取締役会長兼CEOに就任。

2021年4月に1億6,800万ドルの価格で新規株式公開(IPO)を完了し、Gorilla Technologyとの合併の意向を表明したブランク・チェック・カンパニーであるGlobal SPAC Partnersの取締役会長に就任。

2019年より、テクノロジー業界においてグローバルな投資を行い、株式投資家や債務保有者、創業者、経営陣に代替流動性ソリューションを提供する投資顧問会社KASS Capitalにて創業者兼経営パートナーに就任。2017年より、投資会社Shackleton-Victoriaの共同創業者兼パートナーを兼務し、FintechアクセラレーターであるFinLeapへの投資を主導。2014年より、イギリス市場への投資に重点を置いた投資会社Mathernにて創業者兼取締役に就任。2010年~2012年、国際的なM&Aプロジェクトマネジメント専門会社Cortis Capitalの共同創業者兼パートナーに就任し、ナイジェリアのMinna Airport City都市再生プロジェクトに従事。

2007年~2008年、BPOサービス提供会社Invensis(イギリス)にてCEOに就任。2005年~2007年、事業開発ディレクターを務めたデータ分析会社(イギリス)は現在NASDAQに上場しており、収益約10億ドル、時価総額約30億ドルに達する。2004年~2005年、後にCopal Partnersに買収され、現在はMoody‘sの傘下にあるグローバルな市場調査およびアウトソーシング企業であるExevo(イギリス)にて、セールス&戦略的アカウントディレクターに就任。1995年~2004年、東南アジアを拠点とするITサービス企業NPLにて共同創業者兼エグゼクティブディレクターに就任。フィンテックおよび貨物テクノロジー会社ConsolFreightの諮問委員会メンバーに就任。

休暇中は世界中を飛び回り、趣味であるロックやダンス、ハイキングを楽しみ人生を謳歌しています。インドのマドラス大学でコンピュータサイエンスを専攻、工学士の学位を取得。


Rt. Hon. Ruth Kelly

Rt. Hon. Ruth Kelly

独立取締役

Rt. Hon. Ruth Kelly氏は、Gorilla Technologyの独立取締役に就任。

2021年11月より、ロンドンのテムズ川北部の河口付近に位置する民間セクター主導のイギリス政府後援の復興推進機構Thames Freeportにて非常勤議長に就任。2020年よりバチカン経済評議会のメンバーとして教皇庁の財政を監督。

2019年4月より、ロンドン・ヒースロー空港の非常勤取締役の他に、監査役および財務委員会メンバーを兼務。2016年4月~2019年3月、イギリス金融行為規制機構 FCAにて非常勤取締役の他に、監査委員会の議長およびリスク委員会メンバーを兼務。

2019年4月より、ロンドン・ヒースロー空港の非常勤取締役の他に、監査役および財務委員会メンバーを兼務。2016年4月~2019年3月、イギリス金融行為規制機構FCAにて非常勤取締役の他に、監査委員会の議長およびリスク委員会メンバーを兼務。

2010年5月~2015年8月、英金融大手HSBCにて最高経営責任者に就任。HSBC Global Asset Managementにてクライアント戦略グローバルヘッドとしてグローバルマーケティングを監督し、銀行グループ全体のグローバルな関係の構築・管理を担う。

1997年5月~2010年4月、イギリスの政治家として財務省の経済長官および財務長官、内閣府の国務大臣、教育長官、秘書官、コミュニティ・地方自治体担当国務長官、運輸担当国務長官など、さまざまな役職を歴任。

1994年9月~1997年4月、イングランド銀行にてエコノミスト業務に従事。1990年8月~1994年9月、イギリスの大手一般新聞The Guardianにて経済ジャーナリストとして勤務。1992年、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで理学修士の学位を取得。1989年、オックスフォードのクイーンズ・カレッジにて哲学、政治学、経済学を専攻。


Dr. Evan Medeiros

Dr. Evan Medeiros

独立取締役

The Asia Groupでシニアアドバイザーを務めるDr. Evan S. Medeiros氏は、東アジア問題の第一人者として長年にわたり活躍。米国のアジア政策におけるグローバルな思想家および戦略家として認知されており、米中関係や地域政治に関して幅広い専門知識を有する。

政府、学問、および民間企業の分野で、研究者と実務家の両方を経験してきたMedeiros博士は、東アジア全域のクライアントに戦略的助言と分析サポートを提供すると共に、地域全体の政策と規制の発展を促進する政治的・経済的要因について、独自の視点を提供している。

特に、オバマ政権下で中国・台湾・モンゴル担当ディレクターとして国家安全保障会議のスタッフを6年間務めた後、大統領特別補佐官兼アジア担当シニアディレクターに就任。後者の役割では、オバマ前大統領のアジア太平洋地域に関する主要顧問を務め、外交、防衛政策、経済政策の分野で米中関係の調整を6年間にわたり担当し、米中首脳会談を含む米中関係のあらゆる側面に積極的に関与。 また、2007年から2008年まで米国財務長官Hank Paulson氏の政策顧問を務め、財務省にて米中戦略的経済対話(S&ED)に取り組む。

近年では、Eurasia Groupのアジア太平洋担当マネージングディレクターとしての長年の研究と助言業務を活かし、地域活性化分析を多国籍企業に提供。それ以前は、RAND Corporationで上級政治学者として7年間勤務し、その期間中に、中国軍と米国の安全保障政策に関する書籍を多数執筆。

シニアアドバイザーとしての役職に加え、ジョージタウン大学外交学部ペナー・ファミリー・アジア研究講座の議長を兼任し、東アジアの国際政治、米中関係、中国の外交・国家安全保障政策に焦点を当てた研究と教育に携わる。また、国際的メディアに頻繁に登場し、地域全体における最新の発展について見解を述べる。

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンスで国際関係学の博士号を取得、ケンブリッジ大学で国際関係学の修士号を取得(フルブライト奨学生)。メイン州のベイツ・カレッジで東洋アフリカ研究科を卒業し分析哲学の学士号を取得。Bernadette Meehan氏と結婚しており一女の父である。


Yoichiro Hirano

Yoichiro Hirano

独立取締役

平野洋一郎氏は、Gorilla Technologyの独立取締役に就任。

アステリア株式会社(コード番号:3853 東証マザーズ)の創業者であり、1998年よりCEOに就任。また、同社の取締役および取締役会長を務める。

1998年、アステリアの前身であるインフォテリア株式会社を立ち上げてから、ソフトウェア業界で30年以上の経験を有する。 2008年~2011年、青山学院大学大学院社会情報学研究科客員教授に就任。

アステリア設立前は、IBMに買収されたアメリカのソフトウェア会社Lotus Developmentで10年間にわたり、マーケティングおよび戦略企画チームを統括。熊本大学で応用化学を学ぶ。


Gregg Walker

Gregg Walker

独立取締役

Gregg Walker氏は、Gorilla Technologyの独立取締役に就任。

2021年7月、企業経営コンサルティング会社Muller & Monroe Asset Managementにてパートナー兼マネジング・ディレクターに就任し、同投資活動およびニューヨーク事務所を統括。Sony Corporation of Americaのコーポレートデベロップメント担当シニア・バイス・プレジデントを退任後、2016年7月にG.A.Walkerを設立、業務執行社員に就任。

現在、ソフトウェア会社Vewd Software A/SおよびブランクチェックカンパニーBlue Whale Acquisition(Mubadala Capitalが支援するSPAC)の取締役会メンバーに就任。G.A.Walkerの業務執行社員を務めながら、2017年~2021年1月、ニューヨーク市を拠点とするライブエンターテイメント会社Remarkableにて社長兼COOに就任。2017年、Remarkableがサーカス団Big Apple Circusに投資した際には新CEOとして経営を引き継ぎ、事業を軌道に乗せる。

Sony在職中は、PlayStation、Sony Pictures、Sony Music、Sony Electronicsなど、さまざまな事業部門で経験を培い、Michael Jackson Estateが保有していたSony/ATV Music Publishingの50%の持分の取得を完了するなど、数多くの主要取引および戦略的取組みに尽力。また、映画スタジオMetro-Goldwyn-Mayer (MGM) の取締役、EMI Music PublishingおよびSony/ATV Music Publishingの取締役に就任。2010年、Crain‘s New York Business紙が選ぶ「ニューヨーク市の40歳未満の注目株40人の1人」に抜擢される。

Sony入社前は、 Viacomにて合併および買収担当副社長に3年間就任。Viacom入社前は、10年近くGoldman Sachsに勤務し、投資銀行部門の副社長に就任。

セントルイス・ワシントン大学卒業後、イェール・ロー・スクールで法律学位を取得。2012年、ワシントン大学から殊勲卒業生(Distinguished Alumni Award)を受賞。2016年、ニューヨーク市メトロエリアの卒業生賞を受賞。

Levitt財団およびHarlem YMCAの元会長。Walker氏のリーダーシップのもと、Harlem YMCAはニューヨーク市YMCAのトランスフォーメーションリーダーシップアワードを受賞。Harlem RBI(現名称はDream)の理事会メンバーに就任。


エグゼクティブチーム

Dr. Raj Natarajan

Dr. Raj Natarajan

最高イノベーション責任者

Dr. Raj Natarajan氏は、Gorilla Technologyの最高イノベーション責任者に就任。

2005年~2022年、Microsoftにてエンジニアリングから製品管理まで、さまざまなプロジェクトを完遂。製品管理担当シニアディレクターとして製品ポートフォリオ戦略を統括し、コンタクトセンターのデジタルトランスフォーメーション達成をサポート。それ以前は、Windows Phone用データ分析、Microsoftプッシュ通知サービス、Windowsストリーミング技術、モバイルデジタル著作権管理、Zuneなど、さまざまな製品の開発および管理に携わる。

2005年のMicrosoft入社前は、Loudeyeにてプロフェッショナルサービス部門を総括。O2 Germany、MSN Music、Wurlitzer Jukeboxなどの著名なミュージックストアを立ち上げ、B2B音楽およびビデオインフラストラクチャの商業化を監督。Nokia独自の音楽サービスの基盤を確立する。

2004年~2005年、Hutchisonの完全子会社であるVidiator Technologiesにてモバイルソリューション担当副社長に就任。H.264動的帯域幅割り当てを使用して動画ストリーミング問題を解決し、ヨーロッパ全体のネットワークオペレーターによるマルチメディア配信システムを強化。また、リアルタイム3Dレンダリングサービスをスタートさせ、香港とイギリスのサードパーティのプラットフォームでモバイルニュースと星占いを配信。

2001年~ 2004年、モバイルマルチメディアデバイスのデジタル著作権管理を専門とするLockStreamでエンジニアリングの立上げ・実行に尽力。コンテンツ権利保護、必須コンテンツおよびライセンスへの即時アクセスを可能にするコンテンツ管理システムの構築を支援。ソフトウェア開発ツールとアプリケーションが通信機器メーカーMotorolaのデバイスとチップセットに統合されたことで技術の商用化に成功、ネットワークオペレーターのヨーロッパの子会社全体で広く展開される。

シアトル大学を卒業後、同大学で経営管理 (2010年)および教育とリーダーシップにおける博士論文(2018年)過程を完了。2016年よりシアトル大学のAlbers School of Managementにて非常勤教員として情報システム、データ分析のための高度なPythonプログラミング、チームの創造性と意思決定に関するコースを教える。マドラス大学でコンピュータサイエンスの学士号(1995年)を取得。


Daphne Huang

Daphne Huang

最高財務責任者

Daphne Huang氏は2022年7月、最高財務責任者に就任。

大手製造メーカー、製薬会社、およびテクノロジー企業にて最高財務責任者を10年以上にわたり歴任、20年以上の債務管理経験を有する。最近まで、テクノロジープラットフォームベースのロジスティクス企業であるGo-For Industriesにて最高財務責任者に就任。それ以前は、NYSE上場企業Taro Pharmaceutical Industriesにて最高財務責任者および最高会計責任者に就任。

CFOとしてキャリアを積む以前は、PriceWaterhouseCoopers、FleetBoston、GE Capital、HSBC等の企業の金融サービスおよび債券資本市場部にて、責任ある役職に就く。


Hee-Won Choi

Hee-Won Choi

グローバル人事部長

Hee-Won Choi氏は、Gorilla Technologyのグローバル人事部長に就任。

人事領域で14年以上の豊富な経験を有し、グローバル企業のインハウスとアウトソーシングの専門分野に特化したスペシャリストとして活躍。北京、上海、シンガポール、香港、台湾、イギリスでの生活および業務経験を通して異文化理解を深め、アジア太平洋地域の14か国以上で、人材、法律、給与に関する専門知識を蓄積。

以前は世界有数の大手生命保険会社Manulifeの人事部責任者として、香港、マカオ、台湾、および中国のジョイントベンチャーを統括。ゼロからチームを構築し、給与システムの改革、業務プロセスの改善と最適化、新組織の設立、コンタクトセンター管理、および異分野間連携を要するさまざまなプロジェクトを手掛ける。それ以前は、ADP、Illumina、Telstra、TMF等の企業で人事関連業務に携わる。


Lawrence Ng

Mohan Raj Kumar

Global Head of Customer Success

Mohan Raj Kumar is Gorilla Technology’s Global Head of Customer Success.

With more than 27 years of experience in information communications technology, Telecom and networking, Mohan Raj Kumar’s record of catapulting enterprises to innovate in fast-evolving landscapes up and down the value chain is unparalleled.

He creates compelling value propositions that best meet customer needs and continues to do so as Gorilla’s Global Head of Customer Success.


Alan Luo

Alan Luo

テクノロジー担当副社長

Alan氏は現在、Gorilla Technologyのテクノロジー担当副社長に就任。

2003年、Gorilla Technology入社後、2019年に最高技術責任者に就任。2011年~2019年、セキュリティコンバージェンス担当副社長に就任。

それ以前は、Trend Management Infrastructureにてソフトウエアエンジニアのスーパーバイザーを務める。

台湾の国立交通大学にてコンピュータサイエンスの学士号を取得。また、同大学でコンピュータサイエンスの修士号を取得。


Felix Song

Felix Song

ソリューション担当副社長

Felix Song氏は、Gorilla Technologyのソリューション担当副社長に就任。

2003年、Gorilla Technology入社後、2019年に最高ソリューション責任者に就任。2011年~ 2019年、ブロードキャスティングソリューションおよびサービス部門の副社長に就任。2009年~2011年、同ユニットのディレクターを務める。2009年以前は、Gorilla Technologyでさまざまな役職を歴任。

台湾の国立成功大学で電気工学の学士号を取得。また、同大学でコンピューターサイエンス電気工学の理学修士号を取得。


Hsin-Fang Wu

Hsin-Fang Wu

財務ディレクター

Hsin-Fang Wu氏は、Gorilla Technologyの財務ディレクターに就任。

米国CPAと台湾CPAのライセンスを保持しており、監査、会計、財務、税務および内部統制の戦略計画と最適化において10年以上の実務経験を有する。

入社以前は、アジア太平洋地域に拠点を持つ石油化学系商社で財務マネージャーを務める。それ以前は、PwC台湾およびPwCシンガポールにてシニア監査マネージャーとして実績を積む。Wu氏は、国際財務報告基準および米国会計基準に関する広範な理解に加えて、資本市場サービスにおける豊富な実績を有し、PwCシンガポールでのキャリアの中で、国境を越えたIPO保証サービスを専門として活躍。

2011年、イリノイ大学シカゴ校で会計学の修士号を取得。2009年、台湾国立政治大学で公共財政学士号を取得。


Gloria Chen

Gloria Chen

Associate General Counsel

Gloria Chen has served as Associate General Counsel of the Company since April of 2023.

Prior to joining Gorilla, Gloria had four-year in-house legal counsel experiences in a listed company supplying electronic components, connectors, cable assemblies, automotive and medical applications. Holding the role of a Section Manager of M&A Legal Department, she assisted in successfully acquiring companies across China, Hong Kong, and Europe. Other than that, she has extensive experiences in resolving IP disputes and contract negotiation, including participation in a patent litigation before the ITC. Before her career as in-house legal counsel, Gloria served as a Patent Specialist in IP firm specializing on patent filing and related legal service for clients worldwide.

Gloria is admitted to the N.Y. bar, and she graduated with Intellectual Property LL.M. from University of Washington, Seattle in 2017.


Home

製品

テクノロジー
AIソフトウェア
AIアプライアンス

ソリューション

政府・公共サービス スマートシティ・交通機関 産業 商業

採用情報

投資家情報

企業情報

会社概要 役員紹介 Awards Global Footprint プレスルーム パートナープログラム お問い合わせ ブログ

ログイン

Service Portal Partner Program

Language

English 繁体字中国語